東洋精密工業 BLOG

CCMT誕生秘話

ある日、弊社営業担当者が顔なじみの生産技術担当のお客様と面談していた時のこと。

「ポケットとワークの隙間が狭いと入れにくいし、広いと入れた後にガタガタして困る。入れる時は入れやすく、入っちゃえばもう動かないようなトレイが欲しいんだけど」と矛盾したことを言い出しました。
普段なら笑いながら聞き流してしまうような何気ない一言でしたが、これがなぜか彼の心に引っ掛かります。

その場では良いアイデアが浮かばず、そのまま持ち帰ることになりましたが、その後ああでもない、こうでもないと考え続け、しまいには自宅で厚紙を切ったり貼ったり、手作りで模型まで作り始める始末。
そんな日々を経て、彼はとうとうエッチング加工で作ったバネとスライド機構を融合させた、CCMTの原型となるアイデアに辿り着きます。

早速工場に持ち込んで試作品の製作に着手、いくつかの失敗作を乗り越えて、どうにかイメージに近い物を作り上げることができました。
今のものと比べると粗削りで単純な構造ではありますが、これが進化を続けながら今日まで続く、弊社のCCMT誕生の瞬間です。

件のお客様に見せると「これは面白い」ということになり、それならということで実際の工程に合わせてあれこれアレンジが加えられ、初めてのCCMT量産案件へと繋がっていくのですが、それはまた別のお話。

こうしてお客様の何気ない一言から生まれたCCMT。今度はあなたの何気ない一言から、また何か面白いものが生まれるかも知れません。
こんなことができたらな、なんて思うことがあれば、是非弊社営業担当者の前で呟いてみてください。

それでは、また。

ページの先頭へ移動